デンマークとは2017-11-28T15:37:29+00:00

デンマークとは

デンマークとは
国の概要

デンマークは北海に突き出たユトランド半島と、大小500の島で構成され、九州ほどの面積に約550万人が暮らす小さな国です。もっとも、日本の6倍の面積を有する世界最大の島、グリーンランドもデンマーク領ですが、ここは外交と司法以外は自治が認められた「自治領」です。首都コペンハーゲンは北緯約55度で、樺太の北端と同じくらいですが、カリブ海から流れてくる暖流「北大西洋海流(通称・メキシコ湾流)」の影響で気候は比較的穏やかです。国土は平らで畑が広がり、もっとも高いところで海抜171メートルです。

言葉は、英語とドイツ語の中間とも言えるデンマーク語。通貨はデンマーククローネ。9世紀前半に建国され、1000年以上の歴史を持つ立憲君主国。現在の国家元首はマルグレーテ2世女王。

世界最高水準の福祉、生活レベルを誇るが、そのレベルの低下を恐れ、1992年、欧州連合(EU)への道筋をつけるマーストリヒト条約の批准を国民投票で否決しました。さらに2000年には欧州共通通貨・ユーロへの参加を国民投票で却下。独立心の強いお国柄でもあります。

歴史

北欧3国であるデンマーク、ノルウェー、スウェーデンは北ゲルマン族(ノルマン人)を共通の祖とする。ノルマン人とは有名な「バイキング」のことで、10世紀前後には歴史上有名な「ノルマン人の大移動」を行い、イギリスやロシア、遠くはイタリアのシチリア島などに国を建てました。デンマークは9世紀前半に建国され、1380年から1814年までノルウェーはデンマークに属し、スウェーデン、イギリスも一時期支配下に置くなど広大な領土を誇った時代でした。。ユトランド半島の付け根にあるシュレスヴィヒ、ホルスタイン地方もドイツに奪われる1864年まで領土でした。

文化

高級陶磁器「ロイヤルコペンハーゲン」。1775年にドイツのマイセンから職人を招いて王立の工場を創設して以来、200年余りの歴史を誇ります。独特な青い絵は東洋の磁器を参考にして始まったと言われています。

器械体操「デンマーク体操」デンマーク人は陽気な国民でもあり、国民一人当りのビール消費量は世界でも指折り。じゃがいも焼酎「スナップス」による「スコール(乾杯)」はデンマーク名物です。

デンマークは農業大国であり、畜産・酪農国です。そのため、デンマーク料理は、豚肉やチーズがふんだんに使われ、主食は黒パンとじゃがいも。薄く切ったパンの上に自分で好きなハムなどの具をのせるオープンサンドのほか、食卓では日本ではいわれている「バイキング」形式(デンマークでは「ビュッフェ」と呼ぶ)が一般的です。

著名人

・H.C.アンデルセン(童話作家)

・ソーレン・キルケゴール(ニーチェと並ぶ実存主義の祖であり、強烈なまでの個人主義を訴えた哲学者)

・カール・ニールセン(交響曲で知られる作曲家)

・ニコライ・F・S・グルントヴィ(牧師、政治家、詩人、国民高等学校の提唱者)

・ニ-ルス・ボーア(ノーベル賞を受けた核物理学の大家)

・ニルス・ブック(デンマーク体操の考案者)

・N.E.バンクミケルセン(ノーマリゼーションの考えを提唱した行政官)

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

Hans Christian Andersen 1805-1875年。

デンマーク第2の島、フュン島のオーデンセ市で生まれる。俳優をめざしてわずか14歳でコペンハーゲンに出るが、失敗に終わる。しかし、ふとしたきっかけで執筆業をはじめたところ、30歳のときに出版した「子供のための童話」以降、世界的童話作家としての地位を確立する。アンデルセン童話は、常に子供や貧乏人、社会に見捨てられた者など弱者の側に立ち、ヒューマニズムを訴えかけた内容で、世界中で翻訳されて子供たちに読まれている。
代表的アンデルセン童話
「みにくいアヒルの子」
「マッチ売りの少女」
「人魚姫」