BLOG

Home/BLOG/

コロナ禍といえどもフォルケ!

皆さん、こんにちは。

現在、SOSUクラスを受講しているまいです。
2020年3月から現在まで、コロナ禍とはいえ、とても充実したノーフュンスでの学校生活を送っています。

今回は、コロナ禍ならではの日々にも触れながら、ノーフュンスホイスコーレの魅力をお伝えしたいと思います。

1、自己紹介
大学卒業後、旅行会社の教育旅行営業に4年間従事し、主に顧客である学校法人とともに、

留学・スタディツアー・修学旅行などを通じ、若者の人材育成に貢献してきました。

フォルケホイスコーレ留学のため退職し、2020年3月にデンマークへ。

2、Family Groupコロナ禍といえどもフォルケ!
これまでにはなかった「Family Group」。
現在のような状況だからこそ、存在するもの。
(Family groupはノーフュンスの定めではなく、デンマーク政府・保健機構のガイドライン、デンマークのフォルケホイスコーレ協会のルールに従っています。)

新型コロナウイルスの感染拡大を最小限に抑えるため、
受講している科目ごとにfamily groupが設定されています。

とはいえ、四六時中、ともに過ごすわけではなく、

食事や朝の会、フリースペースを使用する際など、
学校全体で集まるような場面では、Family groupごとに別れて座ったりします。

興味深いのは、family groupなしではきっと関わりが少なかっただろう生徒同士の時間も増え、

お互いにさまざまな興味が湧いてくるということ。

そして、学校生活を過ごすなかで、不思議とメンバーの存在感が日に日に強まり、

今では自分にとってもなくてはならない貴重な存在だと確信をもてるまでになりました。

コロナ禍といえどもフォルケ!3、ノーフュンスの魅力
新型コロナウイルスの影響でさまざまな制限はありつつも、

family group 意外の生徒とも、もちろん交流が可能です。

ノーフュンスの特徴と言えば、ハンデをもつ方たち(平均55歳くらい)とも生活をともにすること。
現在のタームでは、18歳から72歳までの生徒さんがいます。彼らと“生徒の立場”として、

生活をしながらともに学べる経験はとても貴重なこと。

想像してみてほしい。自分と、ティーンネイジャー、そして75歳くらいの人々と、同じ「生徒」という立場で生活をともにすることを。

言語が通じなくとも、共同生活を通して相手を知ることができる。その中で生まれる” 信頼 “や”絆”。

ノーフュンスは国籍やバックグラウンドの多様性だけでなく、ひとり一人のもつ多様性も魅力的な学校です。

4、コロナだからこそ感じること
ふと思う、コロナがもたらすいいこと。
このコロナ禍で、人と直接会って目を見て話すこと、
何が起こるかわからないこの世の中で、常日頃抱いている想いを自分の言葉で伝えていくこと、

そして誰よりも自分自身と対話することがいかに大切なのかを感じました。

フォルケにいなくても感じることができるかもしれない。でも、フォルケだからこそ得られるものがたくさんある。

それはひとりではなし経験し得ない時間と、共同生活。

自由時間が多いなかで、共同生活を通じ、他者と出会い、本当の自分とも出逢うこと。

コロナの期間にフォルケに滞在できていることで、
これらの大切さに改めて気づくことができています。

コロナ禍といえどもフォルケ!

 

 

By |2020-12-01T13:30:46+01:0012月 1st, 2020|カテゴリーなし|コロナ禍といえどもフォルケ! はコメントを受け付けていません

コロナな春のボーゲンセ

学校はコロナウィルスの影響で閉校しております。

しかし閉じ込めれられた学生たちがノーフュンスホイスコーレにも残っております。

彼らはウェブで授業を受けたり、森にお散歩に行ったりと限られた環境の中で毎日楽しみを見つけ、

強く生きています。中には動画を作ったりして時を満喫している学生も。

よかったら皆さんもボーゲンセにお散歩行きませんか?

By Michiko Endo

 

 

By |2020-03-31T15:07:30+02:003月 31st, 2020|カテゴリーなし|コロナな春のボーゲンセ はコメントを受け付けていません

Study Trip in Rumania

Study Trip in Rumania!!!

25.09.19~01.10.19

物価の安さに期待を込めて、行ってまいりましたルーマニア。

Study Trip in Rumania

今回は私、秋学期を受講している智美から見たスタディトリップを、

思うままに、順を追わずにつらつらと書き連ねます。堅い話はしません。

読んでくれた方がなんとなくでもこの学校の人たちの

雰囲気を感じていただければ幸いです。

私達ルーマニアスタディトリップのテーマはSDGs

[…]

By |2019-10-14T11:13:19+02:0010月 14th, 2019|カテゴリーなし|Study Trip in Rumania はコメントを受け付けていません

2019 春学期のまさとです。

皆さんこんにちは!2019年度春ターム、SOSU(社会福祉)クラスを受講していますマサトと申します。
Nordfynsのブログを書かせていただきました。

軽く自分の自己紹介をすると、僕は日本では小学校の教員を目指して初等教育を専攻していましたが、様々な理由から先生になる前に世界を見たいと思い、日本の大学4年生になるところを1年間休学してNordfyns Højskole に入学しました。

そんな僕は今回’’ Nordfyns Højskoleの学生の放課後や休日の過ごし方’’について記事にしました!

[…]

By |2019-06-24T15:03:08+02:006月 24th, 2019|カテゴリーなし|2019 春学期のまさとです。 はコメントを受け付けていません

皆さま

新年明けましておめでとうございます。

第1弾に引き続き、アキブログ第2弾です!

コンスタントに更新…を目標に、早いものでNordfyns Højskole卒業から3週間…。

無事に日本へ帰国し、新年を迎えさせていただきました。

[…]

By |2019-01-21T15:04:51+01:001月 21st, 2019|カテゴリーなし|コメントを受け付けていません

皆さま、はじめまして。

2018年秋ターム、SOSU(社会福祉)クラスを受講していますアキと申します。

新参者ですが、Nordfynsブログに投稿させていただける機会をいただけました!

(Yukiさんありがとうございます)

 

初投稿がクラス終了後。

タイミングが…と思われる方もいるかと思いますが、皆さまに私のフォルケ集大成を発信させていだければ幸いです。

2018年12月14日、全てのクラスが終了しました!

4ヶ月間を振り返ってみると、あっという間…

けれど、一日一日を振り返ると、毎日が新しい発見と出会いの連続でした。

[…]

By |2018-12-23T13:22:19+01:0012月 17th, 2018|カテゴリーなし|コメントを受け付けていません

夏の終わり〜

茶色く変色した芝を見たのは初めてだ!!

夏の終わり〜

<暑さで枯れた18番裏庭の茶芝&昨年完成したシェルター>

私の部屋のスピカーからは『夏の終わり〜』という裏声が聞こえている。

[…]

By |2018-12-23T13:22:19+01:008月 2nd, 2018|カテゴリーなし|夏の終わり〜 はコメントを受け付けていません

HANAMI

学校内の移動もジャケットが手放せなかった日々がまるで嘘のように、

半袖で外を歩きまわり、たくさんの日光を浴びる学生達。

HANAMI

[…]

By |2018-12-23T13:22:19+01:006月 4th, 2018|カテゴリーなし|HANAMI はコメントを受け付けていません

空前のフォルケホイスコーレブーム!?

15

空前のフォルケホイスコーレブームなのか?
15人の日本人学生がなごり雪の残る、ノーフュンスホイスコーレに到着した。
名前を覚えるのは一苦労だが、はるばるデンマークまで来てくれたのは嬉しい限りだ。

休職、休学、退職などを機会に将来への不安を抱えたまま

よく世界へ大きな一歩を踏み出したなと感心する。

[…]

By |2018-12-23T13:22:21+01:004月 20th, 2018|カテゴリーなし|空前のフォルケホイスコーレブーム!? はコメントを受け付けていません

春よこい、

名残の雪はやっと消えたかと思えば、またパラパラ雪が降っています。
オーデンセの街は15センチの積雪。
まだまだ寒い日が続いておる、デンマークです。

みなさん元気ですか?

Nordfyns Højskole教員の山本勇輝です。

[…]

By |2018-12-23T13:22:22+01:003月 28th, 2018|カテゴリーなし|春よこい、 はコメントを受け付けていません